スムージーとは?野菜ジュースとの違いは?ダイエット効果も知りたい!

こんにちは♩ダイエットブログを書いております、ふゆな(@fuyunafuyuna)です。

セレブや有名人のSNSでよく登場する「スムージー」。

スムージーに含まれる「食物繊維」や「酵素」がダイエットに良いと人気なのですが、具体的にはどんな効果があるのでしょうか?また、内容が似ているスムージーと野菜ジュースには、どんな違いがあるのでしょうか?

今回は、スムージーについて基本情報・ダイエット効果・酵素など詳しくご説明していきたいと思います♩

★コチラ(↓)もチェック!
>>意外に知らない?!グリーンスムージーの健康・美容・ダイエット効果6つ。
>>置き換えないから【イージースムージーグリーン】は瘦せる!?口コミで効果や最安値を検証。

スムージーの定義って?

スムージーは、アメリカで生まれたトロリとした食感のドリンクです。もともとは、野菜やフルーツを凍らせて作っていたので、シャーベット状でスイーツに近い感覚で飲まれていました。

現在では、生の野菜やフルーツ使用し、水や氷入れてを作る多く、より素材もナチュラルで自然な甘さのものが好まれるようになっています。

また、最近では「スムージー = ダイエット」というイメージも強く、主流はスイーツタイプでなく、野菜を多く使用したグリーンスムージーなどヘルシーなものが人気です。

スムージーと野菜ジュースは何が違うの?

スムージーと野菜ジュースが似ているため、違いが分からないという方も多いと思います。

スムージーと野菜ジュースの大きな違いは、その製法です。

先ほどお話したように、スムージーは生の野菜やフルーツと水や氷を混ぜて作ります。材料を混ぜるときに使用するのは、ミキサー(ブレンダー)。

ミキサーは、材料を非常に細かく砕く装置。ガラス製の容器の下に刃がついていて、入っている物を粉砕して混ぜます。生の野菜やフルーツをそのまま粉砕することから、その食物繊維などが残り、トロリとした食感となるんです。

 

一方、野菜ジュースの製法はというと、野菜やフルーツをジューサーを使って作ります。

ジューサーは、野菜や果物から、ジュースを絞る調理器具。容器の底におろし金状の突起がついたザルがあり、それが回転することで材料がすりおろされます。回転するザルによって繊維質とジュースに分離され、液体のジュースが出来上がります。

ちなみに最近は、ジュースクレンズダイエットで話題の「コールドプレスジュース」が作れる、「スロージューサー」が人気。スロージューサーは、読んで字のごとく低速でしぼるジューサー。低速のため、摩擦熱の発生が少ないので、野菜やフルーツの酵素を壊さずに摂取できるのです!

違いをまとめると・・・

  • スムージー:材料をまるごとミキサーで粉砕し、食物繊維も残るトロリとした食感ドリンク。
  • 野菜ジュース:材料をジューサーですりつぶした上こして、サラサラとした食感の液状のドリンク。

ということになります。スムージーと野菜ジュースには、製法や食感に大きな違いがあったのです。

スムージーはダイエットに効果があるの?

「スムージー = ダイエット」というくらい、有名人やセレブたちがこぞってダイエットに取り入れています。そんなスムージーには、どんなダイエット効果があるから皆飲んでいるのでしょうか?

実はスムージーには、大きく分けて2つのダイエットサポート効果があったんです!

  1. 「食物繊維」でスッキリ効果ばつぐん!
  2. 「酵素」たっぷりで代謝アップ!

ここでは、これらのダイエット効果を具体的に説明していきましょう。

①2つの「食物繊維」でスッキリ効果!

スムージーは素材をそのまま使うため、ビタミンやミネラルなどの栄養素や食物繊維を、まるごと摂取することができます。

特にスムージーに含まれる2つの「食物繊維」は、腸内環境の改善や便秘の改善を期待出来るのです!

食物繊維には、水に溶けにくい「不溶性食物繊維」と溶けやすい「水溶性食物繊維」があります。

「不溶性食物繊維」は、保水性が高く、胃や腸で水分を吸収すると大きく膨らみます。それが腸や腸壁を刺激し、蠕動(ぜんどう)運動を活発にすることで、便通をよくします。

「水溶性食物繊維」は、ゲル状になって胃腸内をゆっくり移動するので、腹持ちが良いといえます。その移動により便を軟らかくします。水溶性食物繊維が腸で分解発酵されると、ビフィズス菌など善玉菌のエサになり、腸内環境がよくなります。

便秘の改善には、この2つの食物繊維をバランスよく摂取することが必要なのですが、スムージーにはどちらも含まれるのです。

食物繊維には美肌や食べ過ぎ防止にも!

便秘で腸内環境が悪くなると発生する有害な物質により、ニキビの発生や肌荒れを起こします。そこでスムージーの2つの食物繊維の働きにより、腸内環境を改善に導き、結果美肌に結びつくんです。

また、食物繊維が豊富なので、満腹感を長時間維持できることから、食べ過ぎの防止にもなりますよ。

②「酵素」たっぷりで代謝アップ!

スムージーには、代謝に大きな関わりがある「酵素」が豊富に含まれます。

私たちは体内で、「消化酵素」と「代謝酵素」をつくっています。消化酵素は、食べ物を消化・分解し、吸収するための酵素。 一方、代謝酵素は、新陳代謝や有害物質のデトックス、免疫などに使われます。ダイエットに重要なのは、この「代謝酵素」なのです。

体内で酵素を作る能力には、人それぞれの上限があり、消化酵素ばかりを作っていると、代謝酵素が不足してしまうのだとか。

逆に、消化酵素を助けることが出来れば、新陳代謝などに使える代謝酵素に多くを使うことが出来るのです!

具体的な例で説明すると・・・

例:酵素を作るパワーが100の人がいるとします。

その人が、とんかつを食べました。食べたとんかつを消化するには、70の酵素のパワーを必要とするとします。しかし、そのとんかつには、大根おろしがついていました。大根おろしは、酵素をもっているので、消化を助けてくれます。その力を10とします。

そうすると、とんかつを消化するには、差し引き60の酵素パワーを必要とし、残りの40は代謝酵素のほうに使われるのです。

全体の酵素 100 ー(とんかつ消化に必要な酵素 70 ー 大根おろしのもつ酵素 10)= 40が代謝酵素に

この場合、代謝にまわせる酵素が残っていたから良かったものの、とんかつ2枚を食べたらどうなっていたでしょう?また、もともとの酵素を作るパワーが50しかなかったら?

さらに、これらの酵素を作る能力は、年齢を重ねる毎に減っていくといわれています。加齢していくと、若い頃と同じ食事の量でも太ってしまうのはこのためなんです。

そこで必要になるのが、この例の大根おろしのような、酵素をもつ存在「食物酵素」。食物酵素の含まれた食べ物を一緒に摂取することで、消化が助けられ、結果代謝に使える酵素を増やします。

つまり、スムージーに豊富に含まれる「食物酵素」を積極的に摂る事で、代謝アップの手助けになるのです!

最後に

スムージーは昔とは印象の違うドリンクとなりました。スイーツから、健康志向なヘルシードリンクへ。今やダイエットを行う女性の味方になっています♩

そして、野菜ジュースとは製法が違うことで、摂取出来る成分が違うことも分かりましたね。最近では、スムージーを作る時間がない方向けの「粉末タイプ」も出ており、非常に飲みやすいものにもなりました。

是非、ダイエットサポートや健康維持のために取り入れてみてください。

最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。さまざまなダイエット情報をブログで発信していますので、良ければまた遊びにきていただければと思います☆

★コチラ(↓)もチェック!
>>意外に知らない?!グリーンスムージーの健康・美容・ダイエット効果6つ。
>>置き換えないから【イージースムージーグリーン】は瘦せる!?口コミで効果や最安値を検証。