『痩せている人』の生活習慣5つのポイントをマネしたら、ダイエット頑張るより瘦せた!

こんにちは♩ダイエットブログを書いております、ふゆな(@fuyunafuyuna)です。

「そんなに食べてないのに、体重が増えていく。」とお悩みの人は多いのではないでしょうか。
特に30代に差し掛かると、基礎代謝も減り、今までと同じ生活をしていても太ってしまいがちですよね。

でも同じ年齢で、しっかり食事もしているように見えるのに、何故か痩せている人っていますよね。この人たちを太らない体質の方だと思っていませんか?

もしかしたら痩せている人は体質ではなく、生活習慣に理由があるかもしれません。

今回はそんな痩せている人に共通する、自然に行っている「痩せている人の生活習慣」をご紹介致します! 

★コチラ(↓)もチェック!
>>もうリバウンドしない!ダイエット中の【太らないメンタル】をゲットしよう!
>>ダイエット中でやってたらヤバい!?気づかずやってる【デブ習慣】6つ。

「痩せている人の生活習慣」のポイント5つ

①自分が満足したら残す

何となく雑誌を見ていると、スタイル抜群の人気モデルさんがダイエット法を聞かれている特集がありました。

調べてみると、この方身長169cm体重47kgというから驚きのスリムボディー。

『好きなものを我慢せず食べます。
特に炭水化物が大好きで、今日のお昼はカルボナーラを食べました。でも満足したら2割くらいは残します。』

『満足したら残す』に、目からウロコでした。

私は今まで出されたものは、お腹がいっぱいでも、すべて完食していました。むしろ残すなんていけない事と教わってきたので、全く考えた事がなかった事です。

でもよく考えると、「自分の身体がもう要らない」と言ってるものを無理して食べる必要があるのでしょうか?

このカルボナーラを例に考えると、パスタの中ではカロリーは高めの、一人前740kcal。これを二割残した場合、592kcalになります。

この食べなかった分、148kcalを運動で消費するとしたら、ウォーキング約45分に相当します。

運動で消費しようと思ったら、非常に大変ですね!その勿体ないと食べ過ぎる事で蓄積されたカロリーは、どんどん体重を増やしていくのです。

痩せている人は「自分が満足したら残す」という習慣があります。

「残してはいけない」という教え、食材や料理を提供した人への感謝を持つことは大切です。でも、食べた人が楽しく満足出来る食事でなければ、本末転倒だと思いませんか?

食べ物と自分の身体のどちらが大事かと考えると、一目瞭然ですよね。

私自身はやっぱり残す勇気がないので、最初に残さなくて済む量をオーダーしています。

定食などはライスを小に、コースの場合『あまり食べられないので、全体の量を少なめに調整していただけますか?』と相談するとほとんどの飲食店で対応してくれますよ。

②睡眠の質が良い

私の友人でもすごくスリムな子がいるのですが、すごく睡眠を大事にしています。毎日23時から6時までの7時間寝て、休日でもそのリズムは変わらないそう。

私はというと、ついついスマホをベッドの中でいじってしまい、いつの間にか深夜2時!なんてこともザラでした・・・。

実は、寝ている時の消費カロリーは、一晩で約300kcalもあると言われています。

また、睡眠中の体内では細胞を修復したり、脂肪を燃焼させたりする「成長ホルモン」。そして、糖分を分解する「コルチゾール」というホルモンが分泌されています。

睡眠が十分に取れていないと、本当は消費されるはずだったカロリーが消費されず蓄積していきます。

さらに、睡眠不足だと食欲を抑える「レプチン」というホルモンの分泌量が減り、「グレリン」という食欲を刺激するホルモンが増してしまうのです。

夜型生活の人は、昼型生活の人に比べ、食欲が約25%アップするというデータもあるとか!

「早寝早起きを心がけ、しっかりと良い睡眠を取ること」は、ダイエットにはとても大切なことなんですね。

③基本的に飲み物が無糖

食べ物のカロリーは何となく意識して気をつけているけれど、飲み物のカロリーは考えていなかったという方も多いのではないでしょうか。

しかし、飲み物カロリーが意外と高かった!!という事が、たくさんあります。その為、飲み物のカロリーを意識していない人は「食べていないのに太る」と勘違いしている場合があります。

では、瘦せている人は、どんな飲み物を飲んでいるのしょうか。

【水・白湯】

やはりモデルさんなど、瘦せている人は必ず飲んでいる水。

体の吸収が良く、血液の巡りが良くなるため代謝がアップ。キンキンに冷えたものより、常温にするか、温めた白湯で飲むのがおすすめです。

【お茶】

あのCrossFit(クロスフィット)トレーナーとして今話題になっているAYAさんも、トレーニング中に緑茶を飲んでいるのだとか。

お茶には、脂肪燃焼効果が期待できる「カテキン」などが、多く含まれています。また、紅茶や中国茶などは発酵させたお茶のため、身体を温める効果も◎。

【ホットコーヒー】

意外にもコーヒーに含まれる「カフェイン」には、脂肪を分解する「リパーゼ」という、消化酵素を活性化させる作用あります。この消化酵素によって、コーヒーを飲むと脂肪燃焼効果が期待されます。

夏の暑い日には、アイスコーヒーを飲みたくなりますが、グッとこらえてホットで飲みましょう。コーヒーに含まれる有効成分が効率よく取れるのと、身体を冷やさないようにするためです。

また、コーヒーはブラックで飲みましょう。砂糖やミルクを入れると、ダイエットに必要なカフェインの働きが妨げられてしまうからです。

どうしても甘い飲み物が飲みたいときは「ソイラテorココア」

【ソイラテ】

「大豆サポニン」という成分が豆乳に含まれており、満腹感を早く感じやすくする効果があります。
また、「大豆サポニン」には脂肪の吸収を抑制をする働きもある為、ソイラテを選んで!

【ココア】

ココアには、「ポリフェノール」や「デオブロミン」が含まれ、血行が促進が促され、代謝が上がりやすくなる効果が。「食物繊維」も豊富で、便通改善にも役立ちます!

④姿勢が良い

椅子に座って作業している時、「猫背」になっていませんか?

実はこの猫背は、太っている人がなりやすいと言えます。猫背は腹筋や背筋の筋肉を使わずにいられ、楽だから。

逆にスッと姿勢がいい人は、痩せている傾向にあります。姿勢が良いと、腹筋や背筋をしっかり使い、お腹周りに脂肪が付きにくい。

また、筋肉量が多く、代謝が良いため脂肪が燃焼しやすくなるからです。その他にも、正しい姿勢を保つと、骨盤が歪む事もなく、ポッコリお腹やむくみなどを防ぐことが出来ます。

腹筋と背筋を意識した正しい姿勢を心掛けると、どんどん痩せやすい体質になっていく。

すぐに改善するのは難しいですが、猫背に気がついたら正しい姿勢に直す・意識する時間を少しづつ増やすなど、慣らしていく事で正しい姿勢に必要な筋肉がついてきます。

⑤快便

私の旦那さんは本当に驚くほど食べるのに、そんなに体重が増えないんです。それは食べたらすぐ出る、異常なまでの快便だから。笑

私はというと、コロコロ便の便秘がちで、お腹に不快感がある事もしばしば。

でも快便って体質的なものじゃない?と思ったあなた。「快便体質」は手に入れられますよ!ここでは、筆者が書籍などを読みあさり、実際行った腸活の中で、効果があったものをご紹介します。

快便効果があった方法4つ

①朝起きてすぐ、冷たい水を一気飲み!

私は炭酸水をペットボトル半分くらい飲んでいました。(250mlほど)最初は意外と多く、大変ですが、慣れます。眠っていた胃腸が起きて、腸のぜん動運動が活発になり、排便を促す効果があるのです。

②決まった時間にトイレタイムを作る

私は朝(8時頃)と夕食後(21時頃)にこの時間を取っていました。

快便には、腸内リズムを意識すること大事。

出なそうな時でも、必ずトイレに行き、ゆっくりと待つことを習慣にしましょう。毎日続けていけば、腸が覚え、自然と排便リズムが整ってくるのです。

③発酵食品&食物繊維を食べる

私は納豆キムチが好きでよく食べていました。あとデザートにヨーグルトや甘酒を。

発酵食品には、乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌が多く含まれています。発酵食品を食べて腸まで届いた善玉菌は、もともと腸にいた善玉菌を刺激して、元気にする働きも!

発酵食品は、熱に弱いものも多いので、調理する際は出来るだけ加熱せずに摂取するようにしたい。

【おすすめの発酵食品】 キムチ、納豆、ぬか漬け、漬物、ヨーグルト、チーズ、味噌、塩麹、酢、ピクルス、ザワークラウトなど 

また、発酵食品だけでなく合わせて食物繊維を摂取することで、より効果がアップ!

食物繊維は善玉菌のエサになったり、便のカサを増やし腸のぜんどう運動を促す効果もあるんです。

食物繊維には、水溶性と不溶性の2種類があります。これらはどちらもバランスよく摂ることが腸内環境には有効とされているため、どちらもご紹介します。

【おすすめの食物繊維を含む食品】

  • 水溶性食物繊維:昆布やわかめやもずくなどの海藻類、プルーン、みかん、らっきょう、アボカド、じゃがいもや里芋などの芋類など。
  • 不溶性食物繊維:穀類、大豆などの豆類、しいたけやエリンギなどのきのこ類、おから、あずき、グリーンピース、ごぼう、切り干し大根、ブロッコリー、ほうれん草、リンゴなど。

④隙間の時間はうつぶせでゴロゴロ

私は部屋でスマホを見たり、ゴロゴロするときに行っていました。

テレビで見た方法なのですが、うつぶせになって左右にゴロゴロする事で、大腸の動きの邪魔している腸内ガスを出し、便秘を解消するという方法。

この私が行った方法が万人に効果があるかと言ったら、そうではありません。

食事にしても、ヨーグルトが効果があるなと思ったら、それに近い食材など色々試してみるのも良いでしょう。効果を感じたり、毎日続けられる、そういうものが見つけられると良いですね。

腸活についての記事はこちら→短期間で3キロ瘦せられる【腸活】のすすめ!筆者の実体験あり。

最後に

いかがでしょうか?

今回は、「痩せている人の生活習慣」を5つに分けてご紹介致しました。体質で瘦せている方もいますが、実は日々の生活で積み重ねられたものだったんですね!

是非みなさんも生活に取り入れてみてください♩最初は難しいと思う事も、毎日続けていくうちに、いつの間にか身に付いてきますよ。

★コチラ(↓)もチェック!
>>もうリバウンドしない!ダイエット中の【太らないメンタル】をゲットしよう!
>>ダイエット中でやってたらヤバい!?気づかずやってる【デブ習慣】6つ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です