【朗報】パスタ=太るは勘違い?パスタダイエットの効果と太らない食べ方

炭水化物たっぷりで、何だかカロリーも高そうなパスタは、ダイエット中に避ける食材ナンバー1といっても過言ではないでしょう。

パスタでダイエット??!ありえない!むしろランチでもパスタを食べるのに罪悪感を感じてたのに・・・。そんな方も多いと思います。私もそうでした。

【朗報】でも高カロリーなパスタでも実は食べ方次第で、太りにくくすることが可能なんです。ちょっとしたコツさえ掴めば、これからはパスタを避ける必要なし!是非ご覧ください♩

パスタ=太るは勘違い?!

私たち日本人の多くが主食としているご飯。その他うどんにパン、パスタなどはダイエット時に大敵と言われている「炭水化物」。

この炭水化物=太るというイメージの方が多いのではないでしょうか?

中でもパスタは特にカロリーなので、グッと我慢している方が多いかと思います。でも女性ってパスタ好きですよね?私も魚介のトマトパスタなんかは本当に好きで、無性に食べたくなる時があります!

でも、そのパスタ=太るというイメージが、勘違いだったとしたらどうでしょうか?

実は現在、パスタはダイエットに効果的と注目を浴びてきています!!パスタはご飯と比較すると、食物繊維にタンパク質、ビタミン、カルシウムなど、豊富な栄養素を含んでいます。

また、うどんやそうめんなどの他の麺類よりも、オイルが使われていたり、具が多かったり、噛みごたえもあるため、満腹中枢が刺激されて食べすぎ防止にも◎。

パスタのカロリーはやっぱり高め・・・。

気になるカロリーはというと、パスタの乾麺100gを茹でると、378kcaになります。一方、ご飯は100gあたり168kcal。

パスタ:100gあたり149kcal
ご飯:100gあたり168kcal

グラムあたりのカロリーだけを比較すると、ご飯の方が高いですね。しかし、パスタ一食分を食べる場合、自宅で作るなら100gぐらい茹でますよね。お店でも80gほどが一般的。

白米で例えると、丼ぶりご飯のようなボリューム感。どうしてもご飯を1膳食べるよりも、パスタの方がカロリーを多く摂ってしまうことに。

そこにオイルやソースを加えるため、更にカロリーはアップし、やっぱり太りそう。。でもそれではダイエットになりませんよね。ここでGI値に注目してみましょう!!

パスタのGI値は低かった!

糖質オフダイエットをしたことがある方なら、GI値を聞いたことがあるかもしれません。

GI値とは?食品を食べた後、血糖値の上がるスピードを、食品ごとに数値化したもの。数値が大きければ大きいほど、血糖値が上がりやすく、脂肪がつきやすいという指標のこと。

主食類の高GI値ランキング

  1. フランスパン:約93
  2. 食パン:約91
  3. 白米:約84
  4. そうめん:約70
  5. 中華麺:約68
  6. パスタ:約65
  7. そば:約59
  8. 全粒粉パスタ:約50

これを見ると、他の主食類に比べてパスタはGI値が低く、太りにくいといえるでしょう

パスタの低GI値はデュラム小麦に秘密があった

一般的に売られている乾麺のパスタの原料は小麦です。さらに大半が「デュラムセモリナ」という種類の小麦で作られています。このデュラム小麦、聞いたことありませんか?

実はこのデュラム小麦、ダイエットにとても向いているのです!

普通の小麦よりもデュラム小麦は、食べるとゆっくり消化されていくため、血糖値が上がりづらくといわれています。GI値が高い食べ物のように、血糖値が急激に上がる食べ物を食べると、脂肪を身体に溜め込みやすくなります。

そのため、血糖値を上げずらくするデュラム小麦を使用したパスタは、非常にダイエット向きと言えるでしょう。

炭水化物を抜くのは危険!

パスタなど、炭水化物を抜いて痩せられるダイエット法が流行しています。

ですが、極端に炭水化物を避けると健康に害を及ぼす可能性があります。私たちの身体が、健康を維持するために、炭水化物は不可欠といわれています。

炭水化物を抜くとどうなる?

  • 集中力の低下
  • 体臭がきつくなる
  • 疲れやすくなる
  • 肝機能が低下する
  • 便秘になりやすい

このようにさまざまなリスクが!

確かに炭水化物を食べないと瘦せますが、全く摂らないと生活習慣病になったりと悪影響があります。いくらダイエット中だとはいえ、適度に炭水化物を摂り健康的にダイエットを行いましょう!

パスタの太りにくい食べ方

パスタはダイエットに向いた食材ということがわかりました!しかし、パスタは決してカロリーの低い食材ではありません!
 
そこでここでは、カロリーをあまり気にせずに、美味しく食べることができる、太りにくい食べ方をご紹介いたします♩

オイルパスタを選んで!

パスタソースは、トマトやオイル、クリームなどたくさんありますよね。ソースの選び方によってカロリーは大幅に変化するため、とっても重要なポイント!!

では、パスタソースでどの程度カロリーは変化するのでしょうか?一覧で比べてみましょう!

パスタのカロリーランキング(一人前)

  1. カルボナーラ 740kcal
  2. ミートソース 715kcal
  3. クリームパスタ 691kcal
  4. ナポリタン 670kcal
  5. タラコスパ 620kcal
  6. ペペロンチーノ 520kcal
  7. ボンゴレビアンコ 510kcal
  8. 和風きのこスパ 500kcal

クリームソースやトマトソースよりも、オイルベースのものを選びましょう!この一覧を見てもお分かりの通り、クリームやチーズ、トマト系はカロリーも脂質も多く、太りやすいので危険!

また、ソースの具材は、脂質の高いひき肉よりも、魚介類や野菜を使ったものがカロリーを気にせず食べられます。特に野菜やきのこをたっぷり使ったメニューは、カロリー控えめな上、食物繊維も豊富でおすすめ!

お肉を足す

ただでさえハイカロリーなパスタに、お肉を足すと、ますます太りそうなイメージがあります・・・。

でも、実はお肉を足して食べることで「たんぱく質」をより多く取れ、筋肉を作ってエネルギー代謝を高めることが出来ます!

もちろんお肉もカロリーが高い食材ですが、たんぱく質豊富なお肉を食べた後は、エネルギーの産生が高まります!そのため痩せやすい身体を作ることができるという訳。

単品でなくサラダやスープも一緒に

パスタは主食の中ではGI値が低いですが、一口目で炭水化物を食べると、どうしても血糖値が急に上昇しやすいです。そのため、脂肪溜め込みの原因となってしまうことも・・・。

それを防ぐため、先に食物繊維の豊富なサラダやスープを食べてから、パスタを食べるようにしましょう。こうすることで、パスタを食べても血糖値の上昇は緩やかになり、太りにくくなりますよ♩

完全栄養食のベースパスタを食べる!

今話題の完全食「ベースパスタ」を食べるという手も。

栄養価の高い全粒粉をベースに、チアシードや昆布粉末などの10種以上の栄養たっぷり食材を練り込むことで、31種類もの栄養が含まれたパスタになっている。公式サイトでは、同じ重量の生パスタと比べ糖質が50%オフ・カロリー30%オフされていると紹介されていました。

このパスタを普通に食べるだけで、1食に必要とされる栄養が丸ごと取れるんだというから驚き!気になった方は、ホームページををチェックしてみてください♩

まとめ

パスタダイエットいかがでしたでしょうか?

ダイエット中にタブーとされていたパスタを食べて瘦せれるなんて驚きですが、食べ方や選び方を工夫することで、ダイエットに有効なことがわかりました。

炭水化物を抜くと確かに体重は落ちますが、不調が出たり、リバウンドが気になるという話もよく聞きますよね。健康的に栄養バランスを考え、パスタを上手に使い、無理のないダイエットを行いたいですね♩ 

こちらの記事もオススメ↓

本当に完全栄養食?【BASE PASTA/ベースパスタ】の口コミや最安値を調べてみた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です