人気の【スパイスカレー】って太る?実はダイエット向きだった理由5つ。

こんにちは!美容ダイエット情報をお届けしている、ふゆな(@fuyunafuyuna)です。

 

最近ブームの「スパイスカレー」をご存知ですか?

複数のスパイスを使い、そのお店オリジナルのレシピで作るカレー。

小麦粉不使用で、サラサラしているのが特徴です。

 

その複雑で個性的な味わいに、すっかりハマってしまった、筆者はいろんなカレー店に通う毎日です。

なんと毎日のように食べているのに、全然太らない!!

 

カレーライス = ダイエット中には絶対NG!なイメージだったのでビックリしました。

「これは!」と思い、スパイスカレーが太らない・ダイエット向きな理由を調べてみましたよ♩

★コチラ(↓)もチェック!
>>ヘルシーでダイエットにも!【南インドカレーのミールス】が食べられる東京の人気店5選。
>>【帳消しダイエット】で瘦せる!効果がある食べ合わせの具体例5つ。

スパイスカレーとは?

 

最近「スパイスカレー」というワードをよく耳にするようになりましたよね。

このスパイスカレー、しっかりした定義はないようですが、筆者としてこんな風に思っています。

 

スパイスカレーとは
複数のスパイスを組み合わせ、小麦粉不使用で作られたカレー。

インド料理やスリランカカレーの調理方法をベースに、そのお店オリジナルなレシピや具材で自由に作られている。

どちらかと言えば「スパイスカレー」は、日本の料理と捉えると良いと思います。

ベースはもちろん、スパイス(マサラ)の本場であるインド料理などの調理法。

 

しかし、日本人が持っているダシの文化や、繊細な調理法を組み合わせ、独自のスパイスカレーという料理に落とし込んでいる。

そのため、意外にも南インド料理で人気のミールス・アジア諸国のカレーなどは、スパイスカレーには含まれないんです。

スパイスカレーはダイエット向きな理由5つ

カレーは糖質やカロリーの塊だし、太りそう!と思われがち。

スパイスカレーは、まさに“ダイエット中でもカレーを食べたい!”という方の救世主。

カレーの中では、スパイスカレーはダイエット中でも食べやすいカレーだったのです♩

ここでは、スパイスカレーが太りにくくダイエット向きな理由を5つお伝えしていきます。

①満足感が高い!

ダイエットに重要なこと!

これは、低カロリーなことや低糖質な食材を食べることではありません。

実は、脳やカラダが満足を感じているかどうかなんです。

 

ダイエットのため、低カロリーなものを食べ続けて瘦せたとしても、一時的に瘦せるだけ。

我慢が続く食生活は、いつか崩壊します。

ヘルシーなものを食べても食べても満たされず、甘いものを食べてしまった・・・。
ドカ食いしてしまった・・・。

そんな経験はありませんか?

このように満足感の低い食事では、結局リバウンドをしてしまう可能性が高いのです。

 

しかし、スパイスカレーの場合は、食べた後の満足度が非常に高い。

複雑なスパイス味わいや香り、さまざまな食材から、脳がしっかり満足してくれるんです!

そのため、間食しようとかドカ食いしたいという気持ちがなくなり、結果太りにくいと言えます。

②小麦粉不使用で低糖質

カレーが太りやすい理由は、ルーにたくさん小麦粉やお砂糖が使われているからです。

とろみ付けに使われる小麦粉や、甘みつけに使われる砂糖が、太る原因の糖質を多くしていました。

 

しかし、スパイスカレーの場合は、サラサラしていて小麦粉不使用!

また、甘みもじっくり炒めた玉ねぎや、フルーツなどで出していて健康的。

結果、スパイスカレーは低糖質なカレーになるんです。

③スパイスで代謝アップ!

スパイスカレーを食べると、カラダがポカポカして温かくなります。

これは、カレーに使われたガラムマサラやターメリック、カイエンペッパーなどさまざまなスパイスの作用から。

 

特にダイエット向きなスパイスが、「ターメリック」。

カレーの黄色の色味の元になっているスパイスで、「ウコン」とも呼ばれている。

ウコンは二日酔いに良いイメージだと思いますが、肝機能を高めるという作用があるとされています。

 

実は、何もしなくても消費されるエネルギー「新陳代謝」に使われている約7割が、脳や心臓など臓器によるもの。

中でも肝臓は、その内臓の代謝の内4割以上を占めています。

そのため、肝臓が一番の基礎代謝エネルギー源になっている。

つまり、その肝臓の機能を高めるターメリックを摂ることで、代謝アップにも繋がるんです♩

 

また、辛みを出すためのスパイスである唐辛子やコショウ

これらには、辛み成分の「カプサイシン」が豊富に含まれます。

カプサイシンには、体脂肪を燃焼させてくれ、代謝を上げる効果が期待できるんです。

確かにスパイスカレーを食べると、ポカポカして血流が良くなった感覚がありますよね!

④栄養バランスが良い

スパイスカレーには、実にたくさんの具材が使われています。

まずは、カレーを作るための玉ねぎやにんじん、セロリなどの野菜。
甘みを加えるためのマンゴーやリンゴなどのフルーツ類。

旨味をプラスする魚介類や肉の骨から摂ったダシ。メイン食材となるチキンや豚などの肉類、豆類などなど。

カレーのルーを作るだけでも、これだけの食材が使われます。

 

お店によっては、一食あたり365g(一日分の野菜)が含まれる場合も!
なかなか生野菜では取れない量ですよね。

 

さらに主食であるご飯に、トッピングされる卵や生野菜。

一食に含まれる栄養素は、たんぱく質に炭水化物にビタミン類と、非常にバランスが良いと言えます。

⑤食べるのに時間がかかる

早食いは太る原因と言われます。

それは、脳が満腹だと感じるまでに時間がかかるからです。

量は食べているのにも関わらず、まだ食べ足りないと感じてしまうのです。

 

カレーライスのような丼ものは、かき込み食べが出来てしまうので、早食いになりやすいです。
そのため、本来ならカレーはダイエット中にはNGなメニュー。

しかし、スパイスカレーは例外です。

 

一般的な欧風カレーの場合は、とろみが強くご飯にしっかり絡みます。

そのため、スプーンですくう回数が少なく大口で食べられます。

スパイスカレーは、とろみが少ないシャバシャバカレー。

何度もスプーンですくって食べる必要があり、時間がかかります。

 

また、トッピングが豊富なのもスパイスカレーの特徴。

トッピングを組み合わせながら、混ぜながら食べるので、こちらも時間がかかる。

 

さらに、スパイスや具材がさまざま使われているので、味が複雑で、じっくり味わわないと理解出来ない場合も多い。

これらの要因で、普通のカレーよりもスパイスカレーの方が食べるのに時間がかかり、よりダイエット向きと言えます。

最後に

スパイスカレーは、とてもダイエット向きなカレーでした。毎日食べてもOK♩

しかし、ご飯をおかわりしたり、大盛りにしてしまっては、糖質を摂りすぎてしまうことに・・・。

ご飯は普通盛りにしましょうね!

じっくりスパイスを感じて味わいながら食べることで、たくさん食べなくても満足できます。

美味しくストレスフリーなダイエット生活を送ってください。

 

最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。さまざまなダイエット情報をブログで発信していますので、良ければまた遊びにきていただければと思います☆

★コチラ(↓)もチェック!
>>ヘルシーでダイエットにも!【南インドカレーのミールス】が食べられる東京の人気店5選。
>>【帳消しダイエット】で瘦せる!効果がある食べ合わせの具体例5つ。