【2018年冬】セブンイレブンの肉まんカロリーランキング!太りにくい肉まんの食べ方とは?

寒い時期になってくると気になるのは、あったかグルメ。コンビニのレジ横のほっかほかの肉まんは、とっても魅力的なんですよね〜!

でも、ダイエット中に気になるのは、肉まんのカロリー・・・。

今回は、【肉まんを太りにくく食べるコツと、セブンの中華まんのカロリー】をランキング形式でご紹介致します。

肉まんを太りにくく食べるコツ3つ

肉まんといえば、小麦粉やお肉が材料なので、ダイエット中は控えている方も多いのではないでしょうか?

実際、肉まんの栄養成分はこちら。

肉まんの栄養成分はこちら(1個あたり)

エネルギー:260kcal
たんぱく質:10.0g
脂質:5.4g
炭水化物:43.5g
食塩相当量:129g
食物繊維総量:3.2g

このように、やはり肉まんの糖質やカロリーは高め・・。これは、ご飯茶碗1杯分(150g)と同様のカロリーです。

さらに、サイズが大きいものや、「プレミアム・ジューシー」と記載のあるものは、全体の量だけでなく、肉の脂が多い傾向があります。中には、400kcal以上の高カロリー肉まんも!

しかし、食べ方によっては、肉まんを食べても太りにくく出来るんですよ。ここでは、肉まんを太りにくく食べるコツをご紹介♩

①あんまんよりも肉まんを選ぶ!

血糖値が急激に上がりやすい、あんまんは避けよう。

血糖値の急上昇が起こると、インスリンが分泌され、余分な糖が脂肪に変わり、体に蓄えられて肥満になります。

肉まんの具材には、ひき肉が使われているため、タンパク質と脂質が多く含まれ、消化吸収に時間がかかり血糖値の変化が緩やかになります。一方、あんまんは、タンパク質も脂質も少なく、糖質が多いため、血糖値が急激にあがりがち。

②食物繊維を先に入れる!

栄養的には、ビタミンやミネラル、食物繊維をプラスしたいところ。

食物繊維の豊富な食品を先にお腹に入れることで、血糖値の上昇も緩やかになります。そこでオススメなのが、コンビニでも品揃えが充実している「サラダ・スープ惣菜」です。

サラダの場合は、ポテトサラダなどではなく、葉野菜が多く糖質が低いものをセレクト。スープ惣菜なら、ミネストローネや豚汁など栄養バランスが良いもの。これらを肉まんを食べる前に、食べましょう。

③温かいドリンクと一緒に!

時間がないし・・・。すぐに手軽に食べたい!そんな時は、無糖の温かいドリンクと一緒に、肉まんを食べましょう。

温かい飲み物と一緒にゆっくりと食べることで、満足感が高まります。

オススメは、緑茶と紅茶。
緑茶に多く含まれるカテキンは、脂肪を分解・燃焼させる働きを持っています。
また、カテキンは糖分解スピードをゆっくりにしてくれるので、肉まんを食べた時に、血糖値の上昇を抑えてくれる働きが!

緑茶同様カテキンが含まれる上に、紅茶は発酵させたお茶なので「体温を上げる」「基礎代謝のアップ」「体を暖める」といった発酵食品のような効果があります。

セブンイレブンの中華まん低カロリーランキング

大人気のセブンの中華まん♩ジューシーな肉まんは、筆者も大ファンです^^

ここでは、セブンイレブンの中華まんを、低カロリーな順にランキング形式で発表致します。

※掲載の商品は、店舗により取り扱いがない場合があります。

1位:とろ~りチーズと完熟トマトのピザまん 119円(税込128円)

栄養成分

熱量:209kcal、たんぱく質:7.0g、脂質:7.2g、炭水化物:29.1g、Na:343mg

2位:うま辛チーズタッカルビまん 121円(税込130円)

栄養成分

熱量:216kcal、たんぱく質:8.8g、脂質:5.6g、炭水化物:32.5g、Na:387mg

3位:スパイス香る!カレー肉まん 121円(税込130円)

栄養成分

熱量:227kcal、たんぱく質:7.4g、脂質:8.6g、炭水化物:30.0g、Na:329mg

4位:本格ジューシー肉まん 119円(税込128円)

栄養成分

熱量:245kcal、たんぱく質:7.0g、脂質:9.2g、炭水化物:33.5g、Na:319mg

5位:なめらか濃厚ごまあんまん 112円(税込120円)

栄養成分

熱量:286kcal、たんぱく質:5.9g、脂質:6.6g、炭水化物:50.8g、Na:35mg

6位:こだわりの特製肉まん 167円(税込180円)

栄養成分

熱量:307kcal、たんぱく質:9.5g、脂質:10.1g、炭水化物:44.4g、Na:388mg

肉まんやあんまんを食べながらダイエットするには?

中華まんは、気軽に食べられて美味しいのですが、不足する栄養素もあり偏りがち・・・。中華まんを食べながら、ダイエットするには、食べ方や食べる量を気にする必要があります。

そんな時にオススメしたいのが、食事の前に野菜などを食べる食事法「ベジタブルファースト」を一回100円で出来る「ベジファス」。

糖や脂肪の吸収を抑える「ベジファス」

 

ベジファス

 手軽にベジタブルファーストが出来て、ダイエット効果が期待できると評判です!
特に、中華まんには少ない、食物繊維や酵素、ビタミン類がプラス出来るのが嬉しいですよね♩

ちなみにこちらの「ベジファス」は、初回半額2980円(一回あたり約100円)とお手頃なので、とっても始めやすいですよ。
バッグに忍ばせておけば、どんな外食も怖くないんです♩

食べないなどの無理するダイエットだと、続かずリバウンドの心配がありますが、このベジファスのコンセプトは・・・

  • 食物繊維を先に摂るベジタブルファーストを手軽に行い
  • 美味しい食事を楽しみながらダイエットを続けよう!

というものなんです!

ダイエットにはさまざまな方法がありますが、それぞれに個人の向き不向きがありますよね。

このベジファスは「美味しいものは食べながらダイエットを続けたい」という方には、大変おすすめなので、是非チェックしてみてくださいね!

ベジファス

まとめ

  • 肉まんは太りにくく食べるコツがある。
  • 食物繊維を先に入れて、血糖値をゆるやかに。
  • あんまんより肉まんをセレクト!
  • 温かい無糖ドリンクと一緒に食べる。

上記の『食べても太らないコツ』を守って、肉まんもストレスフリーで食べちゃいましょう♩

※出典:セブンイレブンの公式サイトより

ベジファス

こちらの記事もオススメ↓

【セブンイレブンおでん】美味しい具材ランキング&低カロリーランキングTOP10♩