「牛肉・豚肉・鶏肉」の健康効果の差にビックリ!体脂肪が減るダイエット向きな肉は?

こんにちは♩美容ライターのふゆな(fuyunafuyuna)です。

 

9月4日に放送された「この差って何ですか?」で取り上げられたテーマは、「牛肉・豚肉・とり肉の健康効果」。

同じお肉でも、食べ方や部位によってダイエットにも効果があったのです。

瘦せるのは、どのお肉なのでしょうか??

今回は、「牛肉・豚肉・鶏肉」それぞれの健康効果や、どのように食べればいいのかを詳しくご紹介致しますね♩

 

★コチラ(↓)もチェック!
>>【脂肪燃焼スープ】に肉を足して効果と代謝アップ!アレンジレシピや基本のやり方。
>>焼肉メニューカロリーランキング(全部位・ご飯もの・サイド・スープなど)♩

「牛肉・豚肉・鶏肉」には、どんな健康効果があるの?

お肉にはどんな健康効果があるのでしょうか?

番組内では、たんぱく質豊富なお肉をたくさん食べることが、長寿に繋がるという検証が行われました。

実際に、100歳以上の方100人に「週3日以上食べている食べ物」のアンケートを取ったところ・・・。

【健康長寿の方が週3以上食べている食品】

1位:豚肉
2位:豆腐
3位:鶏肉

  ・
  ・
  ・ 

13位:牛肉
14位:にんにく

このような結果に!

上位には、「牛肉・豚肉・鶏肉」がランクインし、元気なご長寿の方は、お肉を食べている事が分かりました。

しかし、このお肉の種類には、それぞれ違う健康効果があったのです。

この3つの健康効果は、どのお肉を食べるべき?
  • たんぱく質が一番多いのは、どのお肉?
  • 体脂肪を減らす効果が1番あるのは、どのお肉?
  • 疲労回復効果が1番あるのは、どのお肉?

番組内では、ベストセラー「その調理、9割の栄養捨ててます!」の監修も勤める、専門家の赤石定典さんが教えてくれました。

たんぱく質が一番多いのは、どのお肉?

筋肉量を増やすために、最も大切な栄養素が「タンパク質」といわれています。

「タンパク質」がないと、健康維持や筋肉は増やすことができません。

 

100g中の「タンパク質」の量は、「牛肉」と「豚肉」は約16gだが、「とり肉」は約20gと多いのです。

「タンパク質」が多いのは、「とり肉」のどの部位?

鶏肉の数ある部位の中でも、タンパク質が一番豊富なのは「むね肉」。

その量を比べると、100g中のタンパク質量が「モモ肉」は17.3gなのに対し、「ムネ肉」は24.4gと非常に多いのです。

鶏胸肉は、カロリーも低くダイエットにもオススメな食材です。

 

吸収率が上がる調理方法は「バンバンジー」or「チーズタッカルビ」?

鶏肉のたんぱく質をより吸収する方法があります!

それは、チーズ。

そのため、鶏胸肉の「タンパク質」の吸収率が上がる料理は、「チーズタッカルビ」です。

チーズに含まれる「ビタミンB6」という栄養素が、タンパク質とくっつき、タンパク質が細かくなります。

それが腸に運ばれると、より吸収しやすくなるタンパク質になるからです。

体脂肪を減らす効果が1番あるのは、どのお肉?

50代の女性3人に協力してもらい

1人目の方には毎日夕食に「牛肉」、2人目の方には「豚肉」、3人目の方には「とり肉」を3週間食べ続けてもらいました。

その3週間後、それぞれの女性の体脂肪率を測定しました。

 

その結果・・・

「豚肉」を食べた方の体脂肪率は±0、「とり肉」を食べた方の体脂肪率は-0.4%、「牛肉」を食べた方の体脂肪率は-1.6%でした。

1番体脂肪率を減らす効果があったお肉は、「牛肉」だったのです!

なぜ「牛肉」が、1番体脂肪が減ったの?

体脂肪を減らすのに大事な栄養素は「L-カルニチン」という成分。

「L-カルニチン」は、体の中の脂肪を燃やし、エネルギーに変える役割をしています。

つまり「L-カルニチン」が多い食べ物を食べると、体脂肪を減らす効果が高いのです。

 

100g中の「L-カルニチン」の量は、「豚肉」が70mg、「とり肉」が30mg、「牛肉」が130mg。

「L-カルニチン」の量は、ダントツに「牛肉」が多いんですよ。

「L-カルニチン」が多い部位や焼き方は?

その牛肉の数ある部位の中でも、「L-カルニチン」が多いのは、「ヒレ肉」です。

 

特に「L-カルニチン」をより多くとれる焼き加減は、レア。

「L-カルニチン」は熱に弱く、加熱し過ぎると壊れてしまうのです。

そのため、表面はしっかり焼き、中はレアの状態の方が、「L-カルニチン」がきちんと摂れるのですよ。

疲労回復効果が1番あるのは、どのお肉?

3つの肉の中で、疲労回復効果が1番あるのは「豚肉」。

疲労回復に大事な栄養素は「ビタミンB1」といわれています。

 

100g中の「ビタミンB1」の含有量を比べると、「牛肉」が70mg、「とり肉」が60mg、「豚肉」は660mg。

なんと他のお肉に比べ、約10倍多いのです!

そのため、「ビタミンB1」をしっかりとるには「豚肉」を積極的に食べるようにしましょう。

「ビタミンB1」が多い部位と、より多くとる調理方法は?

「ビタミンB1」が多いのは「ヒレ肉」。

100g中の「ビタミンB1」含有量は「バラ肉」が960mgなのに対し、「ヒレ肉」は1320mgと多い。

ダイエット目的にも、ヒレ肉は豚肉の中でも脂肪が少なく、カロリーが100gで115キロカロリーと低いんですよ。

 

しかし、「ビタミンB1」は水に溶け出す性質があるため、しゃぶしゃぶや鍋類だと、半分もの「ビタミンB1」が流れ出てしまうのです。

そこでオススメなのは、「とんかつ」。

とんかつは水を使わず、さらに衣でしっかり肉をコーティングするため、「ビタミンB1」の流出を防ぐことができるのです。

その他にも、豚肉をコーティング出来るよう、ピカタや唐揚げにするのもオススメですよ♩

「豚肉」と一緒に食べると、「ビタミンB1」を10倍とれる食材があるのです!

実は、豚肉には、一緒に食べることで「ビタミンB1」の吸収率良くなる食材があります。

それは、にんにく。

一緒に摂取すると、「ビタミンB1」の吸収率が10倍になるのです。

そのまま豚肉だけを食べると、「ビタミンB1」が胃に入った後に水を飲むと、「ビタミンB1」が水に溶けてそのまま流れて行ってしまう。

 

しかし、ニンニクと一緒に食べると、ニンニクに含まれる「アリシン」が「ビタミンB1」と結びつき「アリチアミン」という物質に変化します。

そうすることで、水に溶けにくい性質に変わり、「ビタミンB1」をしっかり吸収することが出来るのです。

 

「アリシン」は辛みのある野菜に入っていることが多く、ニンニク以外にも、ねぎ・玉ねぎ・にら・あさつきなどに含まれます。

是非、豚肉と一緒に取るようにしてみてくださいね♩

最後に

今回は、「この差って何ですか?」で取り上げられた「牛肉・豚肉・とり肉の健康効果」をまとめました♩

たんぱく質豊富なお肉をたくさん食べることが、長寿に繋がるということが分かりました。

お肉にはさまざまな種類があり、その種類によって身体への健康効果が違うのです!

今回は特にダイエットに効果的なものをピックアップしました♩

是非参考にしてもらえると嬉しいです。

 

最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。さまざまな美容・ダイエット情報をブログで発信していますので、良ければまた遊びにきていただければと思います☆

★コチラ(↓)もチェック!
>>【脂肪燃焼スープ】に肉を足して効果と代謝アップ!アレンジレシピや基本のやり方。
>>焼肉メニューカロリーランキング(全部位・ご飯もの・サイド・スープなど)♩