【富士そば】のメニューカロリーランキングTOP20!太りにくいトッピングとは?

こんにちは♩

美容ダイエットブログを書いております、ライターのふゆな(@fuyunafuyuna)です。

 

人気そばチェーン店「富士そば」。

サクッと食べられることから、忙しいランチタイムに食べるという方も多いのではないでしょうか?

でも、ダイエット中に気になるのは富士そばメニューのカロリー。。。

今回はそんな富士そばの低カロリー・高カロリーランキング、太りにくい食べ方(オススメのトッピングなど)を詳しくご紹介していきます。

★コチラ(↓)もチェック!
>>【糖質制限】ラーメンやうどんなど人気の麺類比較!低糖質ランキングTOP8。
>>ダイエット中にうどんが食べたいなら!食物繊維入りの【はなまるうどん】一択!

富士そばの太りにくい食べ方とは?

ダイエット中に富士そばを食べるときに、出来れば太らないように食べたいですよね。

ここでは、トッピングや食べ方を利用して、太りにくい方法2つをご紹介していきたいと思います!

①麺だけの“かけそば”はNG。

ダイエットの為にと、具なしの「かけ」は一番NG!

カロリーは低いものの、血糖値が急上昇しやすく、意外にも太りやすいのです。

実は麺だけよりも、天ぷらを追加した方が血糖値が上がりにくいのだとか。

 

しかし、天ぷらを選ぶ場合は、出来るだけ衣が少ないネタを選ぶことがコツ。

また、炭水化物のみのメニューは、大盛りにしたとしても、お腹が空きやすく、間食が増えたりとかえって良くないのです。

②トッピングは「たんぱく質・食物繊維」が摂れるものを。

卵やお肉など「タンパク質」が摂れる具をトッピングしましょう。

また「食物繊維」が摂れる、わかめやほうれん草もオススメのトッピングです。

 

辛いものが苦手でなければ、唐辛子を蕎麦にかけて食べましょう。

辛み成分「カプサイシン」の効果で、代謝を良くし体をポカポカと温めます。

この温める作用により、脂肪燃焼や冷え性の改善に役立ちます。

【富士そばで選びたいトッピング】

卵、温泉卵、お肉、天玉、ワカメ、ねぎ、ほうれん草、おくらとろろ、とろろ、ゆで野菜、山菜、いか天、ちくわ天、七味唐辛子など

逆に、コロッケなど炭水化物が多かったり、かき揚げのような衣が多いトッピングは、オススメ出来ません。

また、油揚げは本来たんぱく質も多くオススメのトッピングですが、そば屋のものは想像以上の砂糖が使われているので、血糖値が急上昇しやすくNG。

 

【富士そばで選びたくないトッピング】

コロッケ、かき揚げ、おあげ(油揚げ)、揚げ玉など

富士そば低カロリーメニューランキングTOP20

太りにくい食べ方は分かりましたね♩

では、実際どんなメニューがカロリーが低いのでしょうか?

ここでは、富士そばのメニューを低カロリーな順にランキング致しました!

ダイエット中に食べる際に、ぜひ参考にしてくださいね。

※こちらのカロリー表示は、富士そば公式サイト内にある「アレルギー表示について」を使用しました。

  1. もりうどん(258kcal)
  2. 冷しかけうどん(268kcal)
    冷しわかめうどん(268kcal)
  3. 冷しなめこおろしうどん(271kcal)
  4. わかめうどん(278kcal)
  5. なめこおろしうどん(281kcal)
  6. 冷しきつねうどん(304kcal)
  7. きつねうどん(346kcal)
  8. 月見うどん(347kcal)
  9. ぴり辛ねぎうどん(354kcal)
  10. もりそば(364kcal)
  11. 冷しぴり辛ねぎうどん(365kcal)
  12. かけそば(369kcal)
    冷しわかめそば(369kcal)
  13. 冷しなめこおろしそば(372kcal)
  14. わかめそば(379kcal)
  15. なめこおろしそば(382kcal)
  16. 大盛りうどん(383kcal)
  17. 冷したぬきうどん(388kcal)
  18. きつねそば(397kcal)
  19. たぬきうどん(398kcal)
  20. 冷しきつねそば (405kcal)

うどんとそばでは、そばの方がカロリーが低いイメージでしたが、富士そばでは、うどんの方がカロリーが低いようです。

 

ちなみに富士そばのそば粉の割合は、石臼引きのそば粉4:小麦粉6。

昔はそば粉2:小麦粉8でしたが、そばの色を出すためにこの割合にしたそう。嬉しいモデルチェンジですよね^^

富士そば高カロリーメニューランキングTOP10

逆に富士そばのメニューを、高カロリーなメニューをランキングしました。

これらのメニューをダイエット中に食べるには、かなりリスキーなので気をつけてくださいね・・・。

※こちらのカロリー表示は、富士そば公式サイト内にある「アレルギー表示について」を使用しました。

  1. カツ丼セット そば(冷)(996kcal)
  2. カツ丼セット そば(994kcal)
  3. カツ丼セット うどん(冷)(870kcal)
  4. カツ丼セット うどん(868kcal)
  5. 海老天丼(小)セット そば(831kcal)
  6. 海老天丼(小)セット せいろそば(818kcal)
  7. カツ丼(752kcal)
  8. カツカレー丼(739kcal)
  9. 海老天丼(小)セット うどん(730kcal)
  10. 海老天丼(小)セット せいろうどん(717kcal)

 

富士そばの高カロリーメニューは、丼ものとのセットメニューでしたね!

特にカツは、単品でもかなりのカロリーのようです。

丼ものはカロリーだけでなく、糖質も高いためオススメ出来ません。

富士そばを食べながらダイエットしたいなら?

富士そばの太りにくいダイエット向きなメニューをお伝えしてきました!

「丼ものもセットで食べたい!」「やっぱり大盛りでガッツリいきたい!」そんな時もありますよね。

 

そんな方におすすめしたいのが

   ・・・ ・・・・
食後の血糖値中性脂肪の上昇をおだやかにする【イージータブレット ターミナリアW】

 

\糖や脂肪を気にせず食べられるサプリ/

イージータブレット ターミナリア

<機能性表示食品>なので、安心のダイエットサプリ♩

【イージータブレット ターミナリアW】は、食事に含まれる“糖や脂肪”の吸収を抑え、食後の「血糖値・中性脂肪」の上昇をおだやかにしてくれる!

なんと食後、中性脂肪上昇量を約40%、血糖値上昇量を約7%抑える機能が報告されています。

どうしても糖質が多めになってしまう富士そばのメニューには、ピッタリなアイテムといえます!

 

価格もお手頃!

通常価格4,500円のイージータブレット ターミナリアW。

なんと今なら、初回限定990円(送料無料)でお試しいただけます。

 

\キャンペーン価格はこちら/

※毎月先着500名までの限定キャンペーンです!

 

食べたいものを食べないのは、我慢でストレスになり、ついにはリバウンド・・・。

そんな悪循環を生みかねません!

 

しかし、この【イージータブレット ターミナリアW】のコンセプトは・・・

糖質や脂質をブロックするため、我慢せず好きなものを食べながら、ダイエットを続けよう!というもの。

「リバウンドしたくない・食べるのを諦めたくない」という方には、大変おすすめなので、是非チェックしてみてくださいね!

 

\糖質ケアサプリの決定版!/

/今なら990円で買えちゃう!\

最後に

富士そばのカロリーランキングは、いかがでしたでしょうか?

やっぱり予想通り、丼ものとのセットメニューはカロリーが高かったですね・・・。

しっかりカロリーを把握し、ご紹介した太りにくい食べ方などを試してみてくださいね!

※出典:画像や説明は富士そば公式サイトより

最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。さまざまなダイエット情報をブログで発信していますので、良ければまた遊びにきていただければと思います☆

★コチラ(↓)もチェック!
>>【糖質制限】ラーメンやうどんなど人気の麺類比較!低糖質ランキングTOP8。
>>ダイエット中にうどんが食べたいなら!食物繊維入りの【はなまるうどん】一択!