糖質制限中は赤ワイン!太りにくいワインの飲み方・オススメのおつまみをご紹介♩

20代前半までは、しゅわしゅわ爽快感が好きでビール党!!・・・だったのですが。アラサーになってからは、もっぱらのワイン党に。特に赤ワインをよく飲みます。

ふと、ダイエットや糖質制限にはどうなんだろう?と思い調べてみました。
すると、赤ワインは糖質制限には、ピッタリのドリンクだということが分かったのです!(さらに好きになったのは言うまでもない笑)

ここでは赤ワインの糖質やカロリー、効果的な飲み方・オススメなおつまみなどをご紹介します♩

赤ワインのカロリーは?

ブドウの品種や銘柄にもよりますが、赤ワイン一杯(120ml)あたりのカロリーは「約92kcal」といわれています。これは、お酒の中ではカロリーは低い方です。

他のワインやお酒と比べると、このような結果になります。

お酒のカロリー(100gあたり)

  • 赤ワイン:73kcal
  • 白ワイン:73kcal
  • ロゼワイン:77kcal
  • シャンパン:100kcal
  • ビール:42kcal
  • 焼酎:206kcal
  • 梅酒:162kcal
  • 日本酒:105kcal

あれ?ビール意外とカロリー低いじゃん!というのは間違い。ビールは通常100ml単位で飲むことはなく、普通のジョッキで500mlで、210kcalになります。

ワインのグラス1杯は120mlで92kcalなので、1杯あたりを比べると、ワインの方が低カロリーに!

ワインのカロリーは身体に吸収されないカロリー

ワインにもカロリーはあります。しかしワインだけでなく、お酒で摂取するカロリーは「エンプティカロリー」と呼ばれ、体内に蓄積されないと言われています。

これは、アルコールから摂取したカロリーを優先的に消費しているから。おつまみやご飯と一緒にアルコールを摂った場合、アルコールのカロリー消費が終わってから、それ以外を消費するのだそう。

そのため、おつまみの種類によっては太りやすく、おつまみ選びは注意が必要です!

エンプティカロリーのほんとうの意味

エンプティカロリーとは、「栄養素がないカロリー」のこと。
日本人のイメージだと、エンプティカロリー=カロリーがない。でも、それは誤解です。

海外では「アイスクリーム」「スナック菓子」なども、エンプティカロリーという認識。つまり栄養素(たんぱく質、ミネラル、ビタミン類)がほとんどないのに、カロリーはある!という意味なので、そう覚えてくださいね。

赤ワインの糖質は?

赤ワインの100gあたり糖質は「約1.5g」。こちらもお酒の中では、低めの数値。

他のワインやお酒と比べると、このような結果に。

お酒のカロリー(100gあたり)

  • 赤ワイン:1.5g
  • 白ワイン:2g
  • ロゼワイン:4g
  • シャンパン:2.4g
  • ビール:3.5g
  • 焼酎:0g
  • 梅酒:20.7g
  • 日本酒:3.6g
 私も大好きなビール・・・。やはり高い数値ですね。
 
糖質制限中は極力避けたいところ。どうしてもお付き合いのときは、最初の一杯だけと、自分でコントロールが必要かと思います。

赤ワインのダイエット効果はある?

赤ワインのカロリーや糖質が、比較的低いということは分かりました。

そのほかにも「赤ワイン」には、ダイエット効果や飲むメリットはあるのでしょうか?実は赤ワインは、原料であるブドウの有効な栄養分が詰まっていたのです!

むくみ解消・予防に【カリウム】

赤ワインには、「カリウム」がとても豊富に含まれています。ナトリウム(塩分)の排泄を促す作用があり、むくみの解消にも良いです。

また、お酒の場では、塩分の強いおつまみが多い為、翌日のむくみ予防にもピッタリですね。

脂肪吸収を抑える【タンニン】

赤ワインに含まれる「ポリフェノール」はダイエット効果があるといわれています。その中でも「タンニン」には、脂肪の分解を促し、消費しやすくする効果が!

赤ワインには、タンニンが多いといわれている、ウーロン茶の4倍ものタンニンが含まれています!その為、肉料理など油の多い食事に赤ワインを合わせると、味覚的相性だけでなく、ダイエットにも良いのです。

肝臓をスマートにする【エラグ酸】

ワインはエンプティーカロリーの為、体内に蓄積されないとお伝えしましたが、その全てを分解しきれない場合も。消費カロリーを超え、分解できない場合は、肝臓にエネルギー源として溜まるようになっています。

お酒の飲みすぎなどで、貯蔵可能な範囲を超えると、どんどん肝臓が太ってしまいます。そのような太った肝臓では、いくら頑張ってダイエットしても、なかなか脂肪の代謝が進まないのです。

その肝臓脂肪に、効果があると近年の研究で分かったのが、赤ワインポリフェノールの「エラグ酸」という成分

お酒でも肝臓に良いとはビックリですよね!ちなみに、ポリフェノールが一番多い品種のブドウは、「カベルネ・ソーヴィニヨン」という品種です。

ダイエット以外にもさまざまなメリットも

ダイエット以外でも、赤ワインにはこのようなメリットがあると言われております。女性には嬉しい美容効果もいっぱい♩

  • 抗酸化作用
  • 殺菌作用
  • 消臭効果
  • 抗がん作用
  • 血管若返り効果
  • コラーゲン生成促進効果

赤ワインの効果的な飲み方とは?

赤ワインには、ダイエット以外にも嬉しいメリットが沢山ありました!では実際、この赤ワインをどのように飲めば、効果的なのでしょうか?

1日1〜2杯まで!

先ほどもお伝えした通り、お酒の飲み過ぎは肝臓を太らせ、代謝が悪くなる原因にもなります。そのため、飲む量は1日1〜2杯にしましょう。

赤ワインだけなら痩せも太りもしない!

そして一番重要なのが、おつまみ。

赤ワインは糖質が低く、飲む場合は選ぶべきお酒の種類とお伝えしましたが、ワインだけで瘦せることも太るということもありません。エンプティーカロリーなので、お酒だけでは太るということはないのです。

よく聞く、ワインで太るという方は、おつまみ選びを間違えています。

赤ワインに合うダイエットおつまみ3選

赤ワインが原因ではなく、おつまみ選びによって、太ることが分かりました。

実はワインに合う定番おつまみが、健康効果を高めて理にかなっていたのです。ここでは、ワインに合うおつまみとその効果をご紹介します♩

チーズ

赤ワインもチーズも共に発酵食品です。どちらも発酵の過程で、「たんぱく質」が「アミノ酸」に分解されますが、出来るアミノ酸の種類が違うので、両方摂ることで、さまざまなアミノ酸を摂取することが出来るのです。

すると、内臓や筋肉などの代謝がアップし、ダイエット効果につながります!

オリーブ

オリーブには、「オレイン酸」や「ビタミンE」が豊富に含まれています。こちらは、ワインポリフェノールによる抗酸化作用を、より高めてくれます!

生ハム

生ハムの豚肉には、「ビタミンB群」が豊富に含まれています。ビタミンB群には、赤ワインのアルコール分解に欠かせないもので、アルコールの分解をスムーズにしてくれる効果が!

まとめ

赤ワインにはさまざまなメリットがあり、飲み方や飲む量によっては、糖質制限中でも気にせず飲めるお酒ということが分りました!一緒に食べるおつまみが太るポイントなので、おつまみ選びは慎重に行いたいですね。

ダイエット中は、どうしてもストレスが溜まりやすいもの。赤ワインをゆっくり楽しんで、リラックスした時間を過ごしてくださいね♩

こちらの記事もオススメ↓

【ロカボ】ダイエット!居酒屋の高たんぱく質・低カロリーなメニュー9選。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です